FXの資金をキャッシングで借りる

1月 27th, 2014

FXの元手として、キャッシングでお金借りる事を考える人は多いようです。その方法で果たして利益は出るのでしょうか?

確かにFXで稼ぐにはある程度の元手が必要となります。投資全般においては、資産は多ければ多いほど有利といわれていますので、人によっては手っ取り早くその資金を確保しようと、キャッシングに手を出す人もいるでしょう。

しかし、結論から言いますと、キャッシングでお金を借りてまでFXをしても、プラスの利益を出すことは難しいです。まず、キャッシングには利息がかかります。返済方法や消費者金融機関によっても異なりますが、実質年率は大体18%以上です。

キャッシングして借りたお金を元手に利益を出すには、その年利を超える利益を出さなければいけません。絶対にマイナスになるとはいいきれませんが、かなりのリスクがあることは確実です。よほどトレーダーとして経験を積んだ人でなければ、そのような危ない橋を渡るべきではありません。そもそもFXで利益を出しているひとであれば、キャッシングする必要もありませんよね。

ましてや、FXで負けたからといって、キャッシングで取り戻そうとすることも、それを繰り返すと多重債務にもなりかねません。様々な体験談を見ても、損失を取り戻そうと更にキャッシングを繰り返したところで、資金がプラスに転じさせることができるケースはあまり無いようです。

やはりFXは自分の余剰資産の中でやりくりするのが賢いようです。

【参考】All about-FX・外国為替証拠金取引

FX取引を自動で行ってくれるという取引方法

7月 30th, 2013

FX取引というのは、非常に魅力的な取引方法と言うことができます。

このような方法を利用すると言うことで、大きな収益を狙うと言うことが十分可能です。

魅力ある取引方法と言うことができますので、この取引に挑戦していくというのは、有意義なことになると言えます。

FX取引の特徴としては、二十四時間いつでも取引を行うことが可能と言うことがあります。

これであれば、日中時間帯忙しいというサラリーマンの方でも十分挑戦していくことができる取引方法と言うことができます。

また、FX取引の場合には、証拠金取引という取引方法になるため、少ない資金からでも取引を始めることができるという点で、参加しやすい取引と言うこともできます。

通貨ペアにもよりますが、3万円から4万円程度の1万通貨単位の取引を開始することが可能になります。

この程度の資金であれば、それほど大きなリスクということを考えずに取引を行うことができると言うことができます。

また、最近このFX取引で人気の取引方法として、自動売買という方法があります。

この自動売買という方法を利用することで、FX取引というのは、さらに魅力的な物になると言うことができます。

この方法では、いろいろな指標を元に、少しでも勝率の高い取引方法を考え、それを元に自動で売買するというシステムを作るということから始めます。

為替相場というのは、過去の動きににた動きをするという傾向を利用することで、このような取引方法を有効にしていくという事を可能にしてくれます。

また、このシステムを業者が用意してくれ、利用者はそのシステムを選択するという方法で自動売買を行うことが可能になると言う方法もあります。

この方法では、システムをカスタムすると言うことができませんが、簡単に自動売買を開始することができるものとして、非常に魅力がある方法です。

このように、最近ではFX取引もどんどん進化している物と言うことができるため、この方法で大きな収益を狙うということも可能になっています。

FX取引をする際の知識や役に立つこと等について

7月 30th, 2013

FX取引をする投資家は多くいますが、資産を増やすためにFX取引をしています。

FXの情報はインターネットに沢山あり初心者でも気軽にこのFX取引をはじめることが可能です。

FXの口座開設はインターネットから容易にできますが、FXにはメリットやデメリットがあるので正しい知識を持って取引をすることが必要になります。

このFXのデメリットについては事前にしっかりと把握して対処の仕方を身に付けておくことが必要になります。

事前に予測をしておくことで対処をすることができます。

FX取引は短期間で大きな金額を稼ぐことができる投資とはいえませんが、継続的に利益を重ねていくことで資産を着実に増やすことができるようになります。

またこの取引では適切な資金管理をして投資をすることにより、大きな損失を出すリスクを抑えて取引をすることができます。

大きなレバレッジをかけ損失が発生している場合に適切なポイントで損切りを怠ることで、損失が発生することがあるので日々の取引ではリスク管理が必要不可欠になります。

またFX取引のメリットとして、少ない金額から取引を行うことができ上手く取引をすることで利益を得ることが可能になります。

またこの取引は24時間の取引が可能になりますが、これにより誰でも都合の良い時間に取引をすることができます。

パソコン以外からでも取引をすることが可能であり、外出中でもスマートフォン等から取引をすることができます。

こうして昼夜問わず取引をすることができる点が魅力になります。

また近年では一定の条件で売買を実行するプログラムを用いて、パソコンで自動売買の取引をすることも可能になっています。

このトレードは人間の感情を排除した取引をすることができ、この自動売買の取引をすることでずっとパソコンの前に座っている必要がなくシステムが自動的に売買を行うことができます。

またこのトレードを行う取引ソフトは初期費用が無料で使えるものがあります。

FXトレードにおいて想定すべきトラブルと対策

7月 30th, 2013

1998年の橋本政権時に外為法の規制緩和によって誕生した外国為替証拠金取引(FX)ですが、現在では証券会社等の努力によって大きな知名度を持つようになりました。

特に去年末から始まったアベノミクスによる金融緩和政策によって、それまでの円高基調から円安基調へとトレンドが変化し、多くの注目を集めています。

このようなことから、今年になってFXを始める人が増えており、外国為替市場はより活況を浴びることが予測されます。

そんなFXトレードですが、利益を出していくには、非常に細やかなリスク管理が必要になってきます。

FXにおけるリスク管理は2つに分けることができます。

一つは負けが続いても破産しないようにする資金管理。

もう一つが、電気やインターネット、パソコン等に発生するトラブルやFX業者の方で発生するトラブルです。

資金管理については多くの人が指摘しているので、万全な人は多いですが、ハード面の対策が十分でない人は結構います。

例えば、トレード中に急な停電が発生した時にはどうしたらいいか。

インターネット回線が切れてしまったらどうするか。

パソコンが故障したらどうするか。

契約しているFX業者のサーバーが故障したらどうするか、また業務を停止したらどうするか。

など前もって想定しておくべき事柄が非常に多く存在します。

このようなトラブルに対して前もって対策を講じておくことは、トレーダーとして非常に大切なことになってきます。

これらの対策として考えられるのは、携帯電でトレード出来るように準備しておいたり、パソコンを複数台用意したり、無給電装置などの非常用電源を確保しておくことです。

また、FX業者側にトラブルが起こった場合はの対策としては、別のFX業者と契約して、いつでもヘッジできるようにしておくことが考えられます。

FXで最も重要なことはリスク管理です。

利益を出すことよりも資金を守ることを優先してトレーディングを考えていくと、より長く相場に残ることが可能となります。

FX取引を有効に利用して大きな収益を上げる

7月 30th, 2013

FX取引というのは、短期間に大きな収益をあげると言うことを狙うことができる方法として、非常に魅力的なものと言うことができます。

FX取引というのは、為替取引を行う方法ですが、これを行うためには証拠金を取引業者に預けそれを元に取引を行うことになります。

そのため、少ない資金でも大きな単位の取引を行うことができるようになるという点で、大きな収益を狙うチャンスが多い取引方法と言うこともできます。

また、為替というのは、毎日大きな変動幅があるものであるため、いつでも取引チャンスと言うことができます。

また、FX取引の特徴として、売りからの取引をできるということから、収益を狙っていくチャンスが非常に多いと言うことができます。

このような魅力的な取引方法ですが、変動幅が大きいと言うことで、リスクがあるという事もできます。

このようなリスクを抑える為には、自分の予想と反した動きを相場が始めたときには、ロスカットをしっかり行うということも重要なことと言えます。

このロスカットというのは、プロのディーラーの方も最も重要視する物と言うことができ、FX取引で安定した収益をあげることを考えたときには、非常に重要なものと言うことができます。

FX取引というのは、基本的に損は小さく得は大きくと言うことを心がけることで、安定した収益を狙っていくという事を可能にしてくれるという事ができます。

また、ロスカットをしっかり行うと言うことで、リスクを限定的にした取引を行うことができるようになると言う事もできますので、しっかりロスカットを行うと言うことを心がけていきたい物です。

FX取引というのは、大きな収益を狙うことができ、また二十四時間いつでも取引を行うことができるという魅力がある取引方法です。

このような物を有効に利用して、安定的な収益をあげることができるように勉強していくという事は、意味のあることです。

挑戦していく価値がある物と言うことができます。

FXの取り引き方法と円高や円安などについて

7月 30th, 2013

FXとはお金の取り引きで利益を目指すこと、もしくは取り引きそのものを指します。

日本円を海外のお金と交換、もしくは海外のお金と日本円を交換することで利益獲得を目指します。

利益が生まれる理由は円高、円安の影響であり、取り引きするタイミングによって利益が生まれるかどうかが決まります。

また、よくよく勘違いされる場合がありますが、海外のお金を日本円に交換する場合のみメリットがあるというわけではありません。

始める場合はまずFX用の口座を用意する必要があります。

口座はFX口座とも呼ばれ、たくさんの業者が提供しています。

その数は100を軽く超えるので、初心者の場合はFX口座の情報サイトを利用するなどして、特徴を把握したほうが良いです。

FXは口座選びが重要であるとされていて、選ぶ場合は業者のサービスを比較したほうが良いです。

ただし誰にとっても良い口座というのは基本的には存在しません。

どういった取り引きをするのかによって良い口座を探す必要があります。

口座開設の手続きは現在であればインターネット経由で可能です。

ホームページを運営している業者は多数ありますし、手続きがホームページにある申し込みフォームから可能なところもたくさんあります。

ちなみに口座開設に料金は発生しません。

無料で利用することができます。

申し込み時には身分証明証が必要なので、指定された形式で用意しておいたほうがスムーズに申し込みができます。

無事、口座が開設できたあとは、ホームページにログインして口座を利用することが可能となります。

以後はログインした状態で取り引きするのが一般的です。

ただし、初心者の場合はデモトレードから始めるのをオススメします。

デモトレードとは、架空の通貨を使用してFXを疑似体験できるコンテンツ、およびサービスのことです。

架空の通過なので利益は生まれませんが、損失も発生しないので、FXの流れを知るためには良いコンテンツであるといえます。

海外のFX業者は高レバレッジを提供し続けています

7月 30th, 2013

国内ではFX業者は金融庁からの厳しい指導もあって個人に認められているレバレッジが25倍と統一されているため、せいぜいスプレッドやスワップポイントを気にすることぐらいしか業者選択には妙味がありませんが、依然として海外のFX業者の場合には、400倍、500倍、1000倍といったレバレッジを提供している会社が多く存在しています。

資金の出し入れは国内業者のように簡単にいかない部分もありますが、圧倒的なレバレッジであることは大きな魅力になっています。

とくに1000倍などのレバレッジでいえば、10万円で10億円を動かすことも可能になりますので、FXがトレンドに乗っているときにはうまく利用しやすい状況がやってくることもあります。

ただ、注意をしなくてはならないのは、考えていた方向を異なる方向に動いてしまったときにはとにかくすぐにロスカットをしませんと損害も大きく膨れ上がってしまうということです。

もちろんほとんどの業者は証拠金以上の損害がでないように強制ロスカットを行うようになっていますが、万が一のときもありますので、とにかく自己管理できっちり損失がでたら自分のルールでロスカットできる人が使っていくことが望ましい業者のサービスということができます。

したがって、うまく利用することができれば、とにかく莫大な利益を短時間に作り出すことができますので、国内業者とともに口座を開設しておき、ここ一番という市場状況のときに活躍させるようにするのがお勧めです。

あまりにもボラティリティが激しいときには利用を控えるというのも一つの知恵だと考えられます。

市場は必ずトレンドを形成する時期がありますので、そのタイミングをねらってしっかりポジションを作ってあげると確実に大きな利益を得ることができるようになります。

こうした業者はほとんど日本語でサイトと問い合わせ対応してくれますので、興味のある方はネットを調べてみるとすぐ見つけることが可能です。

FXのチャートで発生しやすチャートパターンのまとめ

7月 30th, 2013

FXトレードにおいて、相場へのアプローチ方法は2種類あります。

一つはファンダメンタルズ分析です。

これは、国別の財務状況や金融政策などを見て売買を判断する方法です。

もう一つがテクニカル分析で、価格の推移を示したグラフである「チャート」を見ながら判断していきます。

かつてはファンダメンタルズ分析が主流でテクニカル分析はオカルト扱いをされていましたが、現在ではその立場は逆転しつつあります。

コンピューターの発達に伴って、テクニカル分析が相場を予測するのに、統計的優位性が示されたからです。

多くのファンだメンタリストも売買タイミングを見つけるときは、チャートを使用しているのが現状です。

相場を動かすのは人間ですので、チャートにはあるパターンが見られます。

それは、相場の価格変動が一気に進んでいく「トレンド」状態と、価格変動が小さく、方向性の無い「レンジ」の状態です。

トレンド状態の時では、相場のボラティリティ(変動率)が一気に上昇し、非常に速いスピードで価格が上昇もしくは下降していきます。

一方で、レンジ状態では、逆にボラティリティは収斂し、ゆっくりとした値動きの相場となります。

FXの相場は、このように二つのパターンを繰り返しながら価格が推移していきます。

前もって、いつトレンドが始まるのか、いつレンジが終わるのかは後になってからしかわかりません。

相場はレンジとトレンドに大きく分けられますが、その中でも様々なパターンが見られます。

例えば、トレンドが発生した後に、相場が一度落ち着いてレンジ状態になることがあります。

この状態をチャートで見ると、旗のように見えることから、フラッグと呼ばれています。

フラッグが見られると、その後にトレンド方向に再び一気に動くことがしばしばあります。

そのほかには、高値をつけたあとに押し下げられ、再び前回高値に迫るも更新できずに下げていくダブルトップがあります。

このようにチャートのパターンを知っておくことで、有利にトレードをすることができます。

FXの宣伝広告や芸能人を起用することについて

7月 30th, 2013

FXと芸能人としては、先ずイメージされるのがFX会社の行っている広告宣伝活動のテレビ等でのコマーシャル等になります。

こうしたテレビ等でのコマーシャルには有名芸能人が一部起用されることもあり、一般的に知名度が浸透する役割を果たしています。

この他FXと芸能人でいうと、FX関連のラジオ等の番組に芸能人が出演している場合もあります。

証券会社等の企業としてもこうした投資関連の番組を芸能人が出演をしていることにより、一般の方々や投資に関心を持っている方々をできるだけ多くの関心を持ってほしいという要望があります。

このように投資について関心を多くの人に持ってもらうためには、芸能人の起用は必要不可欠になります。

FXなどの投資では多くの方々に投資をしてもらい、投資家の裾野を広げることが必要になります。

また一般的にFXの投資のイメージとしては知っている人は多くいるものの、投資には近づかないと考えている方もいます。

もちろんそのように考えている方を無理に勧誘することはできませんが、投資に対するイメージを良くしていくことは現在投資を行っている一般の投資家にとっても重要なことになります。

今後FXなどをはじめとする投資家の裾野を広げていくためには、芸能人等を積極的に活用する等の幅の広いPR活動をすることも重要になります。

こうしたFX投資では、はじめての方には難しい面もありますが、投資を体験して一度やってみると奥が深く魅力的な面も多くあります。

今後投資に対するイメージを向上させていくことで、こうした投資に対する関心が高くなり利用者が増えていくようになります。

投資で資産が多くなることにより、豊かな暮らしもできるようになる可能性もあり、いかにリスクをコントロールしていくかが重要になります。

また投資家の対する教育等も必要不可欠な点になりますが、FX等の専門業者は投資家の利便性を高めていくため一層の努力が必要になります。

ドル高円安でFXが注目を浴びるようになっています。

7月 30th, 2013

年明けの新政権によるデフレ脱却政策からドル円が大きく動き、ドル高円安に動いたおかげで、FX取引が非常に注目されるようになってきています。

FX取引というのはFX業者との相対による為替の証拠金取引で、預託金として差出した証拠金にレバレッジをかけて為替の売買ができるしくみをもった、いわゆる差金取引と呼ばれるものです。

たとえば、通常の為替取引では100万円の現金をもっていればそれに見合うドルを購入することしかできないのですが、個人投資家で最大25倍のレバレッジを利用すれば、同じ100万円の資金で2500万円分の為替取引を行うことができるのが、大きな魅力となっているのです。

最近ではFX業者が非常に小額の取引ができるように1万通貨から千通貨での取引を可能にしているため、たとえばドル円であれば5000円あればとりあえず売買ができるようになっているところも新規の投資家の参入障壁を低くしています。

もちろん為替は上下に動きますからもう少し余裕のある資金を投入することが失敗しない投資となりますが、それでも1万とか3万とかいった金額からはじめられることは間違いない状況であり、FX投資に新たに乗り出している個人投資家はこの半年で非常に増えている状況です。

ただ年明けから5月の初めごろまでは殆ど下押しもないまま一本調子であがってきた相場ですが、5月以降は多少調整局面に向かっている状況であり、なんでも買えば儲かるというほど単純ではなくなってきています。

したがって、FX取引の基本をしっかり勉強して、どのように参入するのが得策かをよく考えて投資していくことが必要となります。

新規でこうしたFX取引を始める方にまずお勧めするのはFX業者が提供しているデモ取引です。

実際のディールと同じ画面をつかいながら売買の発注を試してみることができますので、実地の取引さながらでFXを体験することができます。

まず初心者の方はこうしたものも有効利用してみるべきです。